過払いのお勉強

過払いのお勉強TOP 相続手続き 相続手続きは準備が大切

相続手続きは準備が大切

相続手続きといっても、実際の手続きだけを指すのではありません。事前に準備しておくことで、実際の手続きが格段にスムーズになります。

準備の一つが遺言書作成でしょう。日本では、遺言書作成をおこなうのは全体の1割くらいと、多くはありません。遺産が多い人のためのものというイメージも強いですが、本来は故人の最期の言葉と考えると良いでしょう。

必ず自筆で、日付と署名、捺印も必要です。遺産を目当てにしていた家族が知らないうちに新しい遺言書作成をして相続を阻むケースもありますが、遺留分があるので、配偶者、子、親には最低限の相続が保障されています。

相続手続きは何が優先?

相続手続きというのは生きている中で何度も経験するものではありませんし、もしかしたらずっと経験することがないかもしれません。しかしもし相続する立場になってしまった時に自分に不利な状況を作らないためにも最低限の知識は持っておきたいものです。

まずは相続手続きにおいて最優先されるのはなんといっても遺言書です。これは故人が自分の意志で自分の財産を誰にどのように分与するのかということが書かれているため最優先されることになります。もし遺言書がない場合には相続権利を持っている人たちで分割協議というものを行います。

多くの人が苦手に思う相続手続き

法的な手続きに関しては、書類の分かりにくさや手続きが不便なことなどがあり苦手に思っているような人も多いでしょう。相続手続きにおいても同様のことが言えます。

しかしながら、弁護士や司法書士に依頼をすれば、手厚くサポートをおこなってくださいます。分かりやすく説明もおこなってくださいますので、しっかりと理解してから相続手続きを進めていくことができるでしょう。

弁護士や司法書士といった法律家においては、それぞれの得意分野がありますので、その点を知った上で相続相談依頼を行うのが良いでしょう。法律事務所によっては、複数の法律家が所属しているところもありますので、そのような場所に依頼を行えば、細かなサポートを得ることができるでしょう。

遺産相続手続きをするには

親族が他界した場合に、その方が保有していた財産を遺族が相続することとなります。その場合に遺産相続の手続きをしなければなりませんが、これは個人が勝手に行ってよいものではなく、法律に準じて行わなければなりません。

まず、故人が書き記した遺言書があるかどうかの確認とその遺言書が法的に有効であるかの確認、相続財産の内容や相続人となる人物の確認などが必要となります。役所に提出しなければならない書類もあり、また相続方法などについても法的要件があります。そのため、遺産相続手続きを弁護士などの専門家に委託することも選択の一つとなります。

相続手続きを弁護士に依頼をおこなう

相続手続きを弁護士に依頼をおこなう事は、相続において紛争が起こる可能性がある場合に有効でしょう。相続の内容によっては、相応しくない法律家もいますので、しっかりと中身を確認したうえで、適した法律家を依頼することが重要任務になるでしょう。

どの法律家に相談すべきか不明な場合には、市町村の無料窓口で相談したり、相続を専門にしている法律事務所を見つけ出し、それぞれに依頼することでスムーズに遺産分与をおこなってもらってもいいでしょう。また、遺言書などがある場合には、立ち会ってもらい相続分与をおこなうことが大切でしょう。

遺産相続手続きや遺言書作成に関する記事

メニュー

過払いのお勉強HOME 過払い金返還請求 過払い 過払い大阪 過払い請求 遺産相続手続き 遺言書作成 交通事故慰謝料 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 交通事故弁護士 弁護士

過払いのお勉強サイトでは、弁護士に相談したい過払い請求や債務整理の個人再生、交通事故慰謝料の交渉、遺産相続手続き、遺言書作成、B型肝炎訴訟や受け取れるB型肝炎給付金についてなど、多くの情報を紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。