過払いのお勉強

「過払いのお勉強」

当サイトは過払いについての情報サイトです。

近年よく見かけるようになった「過払い金」という言葉ですが、その言葉の真意を知っている方はどのくらいいるのでしょうか

当サイトではそういった方の為に様々な情報を掲載し、実際に手続きを考えておられる方にとってはその方法、なぜお金が返ってくるのかという仕組み、そしてよくある質問という構成でご紹介しております。

なかなか馴染みのない手続きだけに不安のある方も多いかと思いますが、当サイトで少しでも知識を得ていただき、何かのお役に立てましたら幸いです。

過払い請求は弁護士に任せるのが一番

過払い請求を安全確実に行うなら、弁護士に任せるのが一番です。弁護士は昔から借金解決の専門家として活躍しており、過払い請求のテクにも長けています。業者側としても最も嫌な相手であり、簡単に交渉に応じてくる可能性が高いです。

最近は自分で過払い請求をする方も増えてきましたが、業者が素人相手に簡単に返還するはずがありません。様々な理由をつけて、1円でも返還額を減らそうとしてくるでしょう。

当然ながら業者が一方的に返還に応じることはなく、過払い金の時効前に連絡をしてくることもありません。過払いは自分でアクションを起こして、回収手続きをするしかないのです。

司法書士や弁護士に相談され、過払いの可能性を疑ってください

借金というのは、たいていの場合、いつの間にか増えてしまった、というケースが多いようです。しかも、ある借金を補うために、違う消費者金融から借り入れることで多重債務に陥ってしまう、というパターンです。

このような場合、借入を繰り返し、架空のお金を動かすようなものなので、その時は凌げてしまうのです。どこか感覚が麻痺してしまい、事の重大さに気づけないという罠にはまってしまうのだと思います。

かつて、グレーゾーン金利と呼ばれる高金利での貸し付けがまかり通っていました。今、借金にお困りで、長期にわたって借入を繰り返しておられる場合、過払いの可能性があります。

まずは、司法書士や弁護士に相談され、過払いの可能性を疑ってください。そして、債務整理の道を築いていきましょう。心のストレスも解消され、明るい未来が待っていることでしょう。

過払い金と保険の相談について

過払い金の問題を解決するためには、様々な専門的な知識が必要となることがありますが、まずは債務整理の問題にしっかりと対処をすることが望ましいといえます。また、保険相談の対応が充実している専門業者の取り組みに目を向けることによって、何時でも安心して行動をすることが可能となります。

過払い金に関するトラブルに対処をするうえで、高度なテクニックが要求されるケースが増えてきており、いざという時に備えて、アフターサービスの内容が充実している法律事務所にアドバイスを受けることが成功のポイントとして挙げられます。

グレーゾーン時代の借金は過払い金請求のチャンス

10万円未満であると20%の金利が利息制限法、出資法では29.2%までの金利が認められていた時代がありました。これをグレーゾーンを呼んでいます。この時期に借金をしていた過去がある人は、過払い金請求をすることが可能です。

これは余計な金利を支払い過ぎており、それを取り戻すことができる請求になります。債務整理の一種になりますので、過払い金請求に詳しい法律事務所に依頼すると良いでしょう。最後に返済した日から10年まで請求できるという時効もありますので、なるたけ急いで法律事務所に相談をすることをおすすめします。

過払い金を返還請求して返済額を減らすには

債務整理を実施すると、法定金利を上まわる利息分が過払い金として返還されてきます。債務整理には、自己破産、個人再生、任意整理の3種類の方法がありますが、どの整理方法をとっても、払いすぎた利息分については返還をされてきます。

利息制限法を超えて支払った部分について返還されてきた過払い金は用途は自由です。整理後の残りの返済額を減少させるために充当していくのも自由です。借金の返済に苦しんでいる場合には、債務の整理を検討したりもするのですが、費用面で躊躇する方も珍しくはありません。

返還されてくる過払い金で整理費用を賄うことも可能ですから、一人で悩まずに法律事務所に相談してみるのも良いでしょう。

債務整理と過払い金の手続きは年数に注意

債務整理の手続きをする時には、借金額を明確にする必要があります。そして、ある程度の年数、借金の返済を続けているという場合には、過払い金が発生している可能性もあります。

過払い金が発生しているということが分かった時には、業者と交渉をすることで、払い過ぎたお金を取り戻すことが出来ます。

なお、過払い金が発生していたという場合でも、借金をしていた業者との取引が終了してから10年以上経過しているという場合には、時効が成立しているため、お金を取り戻すことは出来ませんので、注意が必要となります。

過払い請求の手続きについては、自分で行うことも出来ますが、司法書士や弁護士などの専門家に依頼するのが一般的です。

過払いは借金相談を行っている法律事務所などで相談可能

利息制限法の上限金利を超えた金利で貸し付けを行う事は違法であり、お金を貸す側は出資法の上限金利を守る事が義務付けられています。しかし、従来の出資法の法律は利息制限法の上限金利よりも高い金利であり、貸金業者は高い金利でお金を貸付けていました。

貸金業法が改正になり、利息制限法の上限金利を超える金利は違法に値する、そして利息制限法の上限金利を超えた金利でお金を借りていた場合は過払い金が発生しているため、これを取り戻せるようになっています。借金相談を行っている法律事務所に相談に行けば、過去の借金に過払いがあるのか否か、返還請求を依頼する事も出来ます。

借金相談と過払い金について

借金相談で最近急増してきているのが、過払い金です。こちらは法律事務所の宣伝や、電車の中つり広告でも目にしたことがある人がいるのではないでしょうか?それだけ過払い金がある人がいるということなんです。

特にまだ貸金業の法律がゆるいと言われていた15年から20年前に返済していた人たちは、多く返済している可能性の方が高いので、一度調べてみた方がいいです。借金を既に返済していると言ってもお金が戻ってきて嬉しくない人はいないと思います。折角戻ってくるお金があるのでしたら、依頼する費用を差し引いてもプラスですので、確認してみるだけでもいかがでしょうか?

過払い金があるのか知るのも借金相談所へ

数年前に返済が完了している借金がもしあなたにあった場合には、可能性として過払い金が発生しているかもしれません。特に最近では貸金企業に対する法律が厳しくなってきているので、ありませんが、10年から15年ほど前迄返済を繰り返していた人は一度確認してみる価値があります。

では一体どのようにして自分に過払い金があるのかどうかを確かめることができるのでしょうか。一番簡単な方法は借金相談所に電話をして計算してもらう方法です。最近では専用のダイヤルを持っているような事務所も増えてきていますので、気がねなく確認してもらうことができます。

借金相談による個人再生の手続き

司法書士や弁護士など国家資格を持っている専門家が、主に借金相談を行っていて、相談無料窓口が設けられている事務所や機関も数が増えてくるようになりました。借金が多額なものに至ってしまったり、複数の借入先からの借金が存在している場合などにおいて、債務整理の手続きが進められることも多く、裁判所や借入先との交渉や手続きが行われるケースもあります。

特に裁判所からの判断により借金額減らされる個人再生は、弁護士などを通じた依頼業務によって、よりスムーズに問題の解決を目指す事ができ、日々のストレスが解消できます。

交通事故慰謝料は後遺障害によって大きく変わります

交通事故に遭った場合に、一番問題になるのが、交通事故慰謝料です。慰謝料は計算方法が異なります。一番金額に大きい差が生まれるのが、むち打ちなどの後遺症認定です。後遺障害は、自分の口で現状をしっかりと説明するのがとても難しいので、認定度に差が生まれ金額に大きな差が生まれてしまいます。

計算方法の中で一番しっかりと認定してもらうことが出来るのが、弁護士基準での慰謝料を計算した場合です。弁護士であれば、過去の事例を元に慰謝料を計算することが出来るので、保険会社が提示してきた金額よりも高い、金額を請求することが出来ます。

普通の紙に遺言書作成をしてもいいのか

すごくいい紙を使わないと、遺言書作成は行えないように思われますが、実際にはどのような紙を使っても問題ありません。使っていいものはなんでも利用していいですが、両面が白いものを選んでください。立派な紙として思われるものを使わないと、流石に見た目が悪くなってしまいます。

チラシの裏などは絶対に駄目で、遺言書作成を行っても意味のないものとなります。知識を持っている人は、必ず白い紙に書いていますし、裏面も白い状態となっており、イメージとして浮かびやすいものにしています。いい紙を決して使う必要はなく、近くに売っているもので大丈夫です。